オリンピック開幕まで1週間をきりました。男子ホッケー日本代表チーム『サムライジャパン』は、強化合宿の最終段階を迎えておりますが、昨日に続き、事前キャンプに入っているカナダ代表チームとテストマッチを行いましたので結果をご報告いたします。

テストマッチ 10:00 開始
日本 (WR15位)   vs カナダ (WR10位)
1 1Q 0-0
2Q 0-0
3Q 0-2
4Q 1-0
2

場所:赤磐市熊山運動公園多目的広場・ホッケー場

■ 戦評 (抜粋)

(1Q) 日本対カナダのテストマッチ第2戦。日本のセンターパスで試合が開始された。序盤は日本が優位に試合を進める展開。早いプレスからボールを奪取し得点のチャンスをうかがう。

(2Q) 徐々にカナダが中盤でのポゼッションを上げてくる。しかし、どちらも決定的なチャンスを作ることが出来ないまま、前半を終える。

(3Q) 後半に入った直後、カナダは素早い連係プレーで左サイドからサークルに侵入し、わずか 17 秒で先制点を決めた。 日本もすぐに PC を獲得するが、得点には至らない。逆にカナダはロングコーナーを起点に再び左サイドを突破し、2 点目を 押し込むことに成功する。得点すべく攻勢を強めたい日本は、#9 田中健のスピードあるドリブルや PC でチャンスを作り出 すが、カナダ守備陣に阻まれて得点出来ない。

(4Q) 日本は 56 分、サークルトップでの混戦から#4 三谷の強烈なヒットシュートが決まり 1 点差に詰め寄る。その後も 日本の猛攻は続いたが、得点出来ずそのまま 1-2 のスコアで昨日に続きカナダが勝利した。

カナダDF陣に阻まれPCのチャンスも得点出来ず
サークル内でボールキープする 永井祐真 選手

以上

添付資料